京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年07月26日

ベル鉄線、エンジ色。

鉄線も種類が多いです。
以前はベル鉄線の青をご紹介しました。





今日はベル鉄線のエンジ色


前回も苦労したのですが(笑)
ベルの形をしているので花びらの奥が暗くて、
撮影時に色を表現するのが難しかったです。
ちょっとは実物に近づけたかな・・・








鉄線はじくが
鉄の線のように細いのが特徴ですね。
こんなに細いじくの先に
かわいらしいベルの形の花・・・
自然ってほんとうにすごいです。









最近は最低気温がすでに25度以上だったり、
昼間は日差しが肌に直接当たると痛いです。

人が暑いということは
物を言わない花も同じように暑いわけで・・・
そんなお花を心配して
「夏場お花が持つにはどうしたらよいですか?」とか、
現場で花に水をジョウロで入れていると
「そのお水は何か特殊なお水ですか?」
なんて聞かれることがよくあります。

もちろん花の持つ薬も売られています。
お水に氷を入れたり、10円玉をというのもよく聞きますね。
でもまずは、こまめに花の水かえをしてあげて、
茎を切りもどし、よく霧吹きで乾燥しないように
潤いを与えてあげる・・・
まずはこれが一番だと思います。
生けた花が乾いていたらかわいそうですしね。

綺麗な水の中で、たっぷり水を浴びて潤っている様子、
お花も見ている私たちも気持ちが良いものです!

Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel 075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp
















  


Posted by Fairy 岸 勝人 at 18:46Comments(4)生け花