京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月26日

栗の実

かわいい緑の栗の実。
ちよっとレトロな小瓶に生けてみたら・・・


             


この栗の実は・・・実りの秋の食べる栗とは違い、
実の大きさ2~3センチ。
細い枝ですが実をいくつか付け、
生けて愛でる栗ですね。
そしてこの小さな投げ入れに活躍しているこの小瓶は、
佐賀県小城市の友桝飲料の 
スワンサイダーの復刻版みたいです。


              
              全長(?!)約13センチ。大きいサイズもあるようです。
              さて、なぜスワンなのでしょう?



創業明治三十五年とのこと。
きっと昭和を代表するヒット商品だったのではないでしょうか。
ご当地商品なのかスワンサイダーのことを
今回初めて知ったのですが、
味わいのあるラベルの貼ってあるこの小瓶。
何だか愛嬌があり、一輪挿しに重宝しています。

この小ささ・・・小さなお花や華奢なお花がよくあいます。

Flower Designer's Office
Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel  075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp



Posted by Fairy 岸 勝人 at 22:13│Comments(2)
この記事へのコメント
祇園祭前に、栗の実の青いのと
吾亦紅が、姉小路の善田さんとこの
大鉢にいけてあってびっくりしました。
あまりの季節のはやどりで。。
面白かったけど。
チクチクして可愛いですね。
Posted by 光泉洞 at 2007年07月26日 22:55
諏訪さん、ありがとうございます。
私も善田様の花は気にしながらいつも通っています。

緑の栗は生け花のための、観賞用の花材として
夏場に出回ります。
食べる栗とは違った種類で、
柴栗と呼ばれるものがよく使われるようです。
昨日はこの緑の栗と
真っ赤なケイトウを生けてきました。
個性の強いもの同士でしたが、
かえってモダンに仕上がりました。
Posted by Fairy 岸 at 2007年07月27日 11:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。