京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月30日

夏の生け花、楽しみ方は?!

夏場の暑い時期でも
頑張って長持ちしてくれる花があります。
アンスリュームなどがそうですね。
この赤い花はアンスリュームの蕾です。


               
               鷹のつめのようにも見えます。
               花開く前のキュっと巻いている様子です。
 
               

長持ちしてくれるのは嬉しいのですが、
いつ見てもピクリともせずピンピンしているのは
それはそれで・・・ちょっと寂しいですね(笑)
そんな時は、
お水をかえてあげるときに
生け方を変えてみたりします。

長さを変えたり、方向を変えたり・・・

                

夏場はすぐに水が腐ってしまうので、
冬場よりもこまめな水換えが必要です。
ガラスの透明な器を使うことも多いですし、
お水を綺麗にしておくことは
花の持ちも、そして見るほうの気持ちもいいですしね。



もうひとつの楽しみ方として、
お水をかえ、生け換えするときに
器を変えてみると、
同じお花でも違った印象・作品になります。


               


また器に合わせ新しい開花を加え
雰囲気を変えてみたり・・・


                                 
             
ちょっとしたことで、受ける印象はかわります。
生ける本人の気持ちによっても・・・
水が綺麗になって気持ちいいなと思ったら、
気持ちの良い花が生けられていることでしょう。

Flower Designer's Office
Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel  075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp


Posted by Fairy 岸 勝人 at 21:28│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。