京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2008年01月18日

敬翁桜(ケイオウサクラ)

日本に自生する野生のサクラは

   ヤマザクラ・オオヤマザクラ・カスミザクラ・オオシマザクラ・マメザクラ、
         チョウジザクラ・タカネザクラ・カンヒザクラ・エドヒガン

 
の9種類だそうです。






バラ科のサクラ。
原産地は日本で、

日本から中国、ヒマラヤに約35種が自生し
200種とも300種ともいわれる
園芸品種が作りだされているようです。

サクラの栽培や改良は平安時代からすでに始まっていて、
さまざまな歌や書や画に登場しています。

  

敬翁桜はシナミ桜に彼岸桜を接木したものの
枝変わりによってできた園芸品種です。
3月中旬ごろに咲くそうですが、
もはや花屋さんに敬翁桜がでていたので
桜鶴苑さんに生けてきました。



        


         
 

これから四月の桜のシーズンまで
いろいろな種類の桜を生けると思います。
また写真楽しみにして下さいね。

Flower Designer's Office
Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel 075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp




Posted by Fairy 岸 勝人 at 20:43│Comments(2)
この記事へのコメント
わぁ!もう桜が咲くんですねぇ。もうすぐ伊豆の河津桜のニュースが届きそうな時期ですね、菜の花とのコラボもすばらしいですよねぇ(一度見てみたいのですが。。。)桜の季節は本当に日本人に生れてよかった♪と思います。花粉症じゃなければもっと春を満喫できるのに(゜-Å) グスン
Posted by ★kazu★ at 2008年01月19日 12:16
kazuさん、ありがとうございます。
京都中が桜で彩られるまで、少し先取りですね。
全国的に寒いようですが、春の花は出回り始めています。
冬場と比べるとやはり明るいトーンの色が多いですね。
待ちどうしい春・・・実は私も花粉症です(笑)
Posted by Fairy岸 at 2008年01月20日 14:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。