京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2008年03月10日

花の写真。

何気にあげている花の写真。
しかし花の色を写真で表現するのは
難しいなといつも思います。
実際はもっと綺麗な色なのにと
もどかしい気持ちのままアップすることもしばしば・・・


昨日お式を挙げられた方のブーケ。
オフホワイトのバラ・アバランチェという種類です。
ブーケは傷のない綺麗なものを選び出し束ねていく
とっても贅沢なものです。
大輪で立派な姿のバラを主役に、
爽やかな紫陽花と淡いオレンジの枝咲きのバラ、
そしてラムズイヤーというちょっと起毛しているような
優しい柔らかい雰囲気の葉を使っています。



こちらは事務所の中で撮影したもの・・・

     

こちらは桜鶴苑さまで受付のお花を撮ったもの・・・

     


室内で撮ったものと
現場(外の光の下)では
全然光の具合が違い、花の雰囲気も違ってきます。

瑞々しく光をうけ輝く様子が
少しでもリアルにお伝えできればなと
いつもカメラと格闘・・・と言うよりどんどん深みにはまる?!
3次元の美しさを2次元でどこまで表現出来るか・・・
生けた後も花と向き合う時間が
長くなりつつある今日この頃です(笑)

Flower Designer's Office
Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel 075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp








同じカテゴリー(結婚式の花)の記事画像
江の電
桜の婚礼装花。
日本庭園風、高砂花。
小鳥の飾り
高砂花
新緑のなかで
同じカテゴリー(結婚式の花)の記事
 江の電 (2013-10-06 16:27)
 桜の婚礼装花。 (2013-01-22 16:43)
 日本庭園風、高砂花。 (2012-12-06 14:49)
 小鳥の飾り (2012-11-01 16:20)
 高砂花 (2012-10-22 18:01)
 新緑のなかで (2012-05-21 14:17)

Posted by Fairy 岸 勝人 at 20:59│Comments(2)結婚式の花
この記事へのコメント
小倉遊亀さんが、お花の絵をよく描かれていて、ちっともお花の美しさに近づけないと嘆いておられるのを読んだ事があります。

「でも、この一枚だけは、神様が遊亀を哀れに思し召して下さった気がします」
の牡丹の花の見事だった事・・・

花と語り合われているそのお姿が、神のお恵みを招かないはずがありません。
私は、こちらで、たくさんの感動を頂いています。

生と違うと思われることは、花への愛情ですよね。
でも、写真から愛がオーラとなって、伝わってきますよ・・・
Posted by tao at 2008年03月10日 21:05
taoさん、いつもありがとうございます。
そう言われると照れてしまいますね。
友人のカメラマンがわたくしの写真を見て
生けた本人の撮った写真らしいねと言われました。
きっとここがこの花の一番だなと思いながら
シャッターをきっているんでしょうね。
Posted by Fairy 岸 勝人Fairy 岸 勝人 at 2008年03月11日 20:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。