京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2008年04月26日

花とたっぷりのお水。

いつも生けこみへ行かせて頂くお客さまのところは、
昼間の営業だったり、夜からの営業だったり。
気温差が大きいこの時期は
お店の方も、昼間ちょっと暑いなとクーラーを入れてみたり
夜になればちょっと肌寒いと暖房を入れてみたり、
お客さまに一番いいのは??と
悩むところだと思います。

そんな影響がお花にもちょっとあって、
同じ花材を生けていても
ある先ではとても長持ちしてるなと思えば
また別の先では暖房がまだまだ入っていて
水がカラカラになっていたりと。
気候のいい時期なのですが、
環境によって、その後と言うのはさまざまです。


              
      


       

一度水が下がってしまうと
また水揚げし元に戻ってからもちょっと不安なので、
生けなおす時にも短くして生けるようにしています。
こうすると茎がくたっとなることも少なく
茎が短いので吸い上げもちょっとは楽かな?!と。

お花屋さんで購入したばかりの
ちゃんと水が上がり茎もしゃんとしたところを
短く切ってしまうのはもったいないですが
水が下がってしまったお花は
もう一度、短く切って水揚げを試してみてくださいね!!

Flower Designer's Office
Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel 075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp





同じカテゴリー(生け花)の記事画像
百合(レクサス)。
啓翁桜
梅もどき。
ナナカマドの紅葉。
野薔薇の実
百合の生け花。
同じカテゴリー(生け花)の記事
 百合(レクサス)。 (2013-02-05 14:18)
 啓翁桜 (2013-01-20 14:38)
 梅もどき。 (2012-12-25 21:14)
 ナナカマドの紅葉。 (2012-11-04 15:51)
 野薔薇の実 (2012-10-18 13:31)
 百合の生け花。 (2012-08-04 15:21)

Posted by Fairy 岸 勝人 at 20:55│Comments(0)生け花
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。