京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


2008年07月14日

日扇、その弐。

やっぱり夕立がきました、祇園祭。
今日から車も大分混んでいて
朝からいろんな用事もあって
ノンストップの一日になりました(笑)


扇を広げた形、日扇(ひおうぎ)。



久しぶりの夕立、
祇園祭へお越しになるお客様へ
街中に水をうってお出迎えしているようです。
そんなことを優雅に思っていたら・・・・

いつも生けにいっている祇園のお店から
クーラーが壊れて水曜まで直すことが出来ないので
急遽氷柱を置いて営業したいとのこと・・・
何とか手配をして欲しいとの電話でした。

小さな扇風機を買いに走り、
氷屋さんと打ち合わせをし、
氷を入れるバケツを化粧し、
その前に置く花を生け・・・・
どこも混んでいるので慌てて用意でした。






氷屋さん曰く、
実際氷柱で部屋を涼しくしようと思ったら
かなり数を置くか、とても大きなものを置くかしないと
部屋を涼しくしようというのは無理があるかなと・・・

でも、持ってきて頂いた氷の柱を見ていると
その清涼感があたりを涼しくしてくれるようにも見えます。
おしぼりを置いて冷たくしても
いいですよともおっしゃっていました。









ハプニングでばたばたの一日でしたが、
氷柱で涼みながら一杯飲むところを想像すると
風情がありいいだろうなと思いました。
実際は、はてさて・・・
どうだったのでしょうね(笑)

Flower Designer's Office
Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel 075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp



同じカテゴリー(生け花)の記事画像
百合(レクサス)。
啓翁桜
梅もどき。
ナナカマドの紅葉。
野薔薇の実
百合の生け花。
同じカテゴリー(生け花)の記事
 百合(レクサス)。 (2013-02-05 14:18)
 啓翁桜 (2013-01-20 14:38)
 梅もどき。 (2012-12-25 21:14)
 ナナカマドの紅葉。 (2012-11-04 15:51)
 野薔薇の実 (2012-10-18 13:31)
 百合の生け花。 (2012-08-04 15:21)

Posted by Fairy 岸 勝人 at 21:37│Comments(2)生け花
この記事へのコメント
バタバタの1日だったのですね。
お疲れ様です…

よそ者の私、『祇園祭には日扇を生けます』の
タイトルの意味が本日分かりました(笑)
てっきり、岸先生の習慣?なのかと。
祇園祭=日扇、お約束、なのですね。
なぜ、日扇?なんですか???
博多の祇園祭と、京都の祇園祭って関係あるのでしょうか?

エキゾチックなお花ですね☆
なんだかとっても強そう…(笑)
Posted by go at 2008年07月14日 22:40
go様 ありがとうございます。

日扇は扇を広げた形に似ており
縁起ものだそうです。
巡行の時、鉾に前に乗り扇子で
音頭をとっておられる姿からも、
僕は日扇を連想します(^^)
Posted by Fairy 岸 勝人 at 2008年07月15日 20:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。