京つう

  日記/くらし/一般  |  中京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年10月24日

縞葉蘭

夏場はなるべくスッキリ見えるように
涼やかに花を生けます。

じゃあ秋は?!

秋に咲く花を生けるというのはもちろんですね。
それから実のものを一緒に生けたり、
暖色系でまとめたり。



比較的年中出回っている花というのもあります。


縞葉蘭は夏のイメージがする方も多いのでは・・・







桜鶴苑さま「桜の間」まえにて。







四季を通して出回っている花などは
取り合わせや生け方の工夫で季節感を・・・・
夏場のスッキリさっぱりという感じから、
色も花数もボリュームいっぱい、
実り多い秋、豊作の感じ?!で。







ストレリチアと縞葉蘭、
夏のいけばなにも大活躍する取り合わせですが
濃い色のダリアや野ばらの実などのおかげで
秋のいけばなに様変わりです!

Fairy           
604-8104
京都市中京区高倉姉小路北西角
サンハイム御池301
Tel 075-223-5885
Fax 075-223-5895
hana06kishi@ybb.ne.jp

  


Posted by Fairy 岸 勝人 at 23:30Comments(0)生け花